THE CALBEE

カルビー公式アカウント「THE CALBEE」です。歴史や開発秘話、社員の思いなど、カルビーにより親しみを持っていただけるようなストーリーを語っていきます。

THE CALBEE

カルビー公式アカウント「THE CALBEE」です。歴史や開発秘話、社員の思いなど、カルビーにより親しみを持っていただけるようなストーリーを語っていきます。

    マガジン

    • NEXT is NOW

      カルビーの採用活動や人財育成をテーマにした連載です。“カルビーで働く”をイメージできるきっかけになるような記事を届けていきます。「NEXT is NOW」には“次の時代を担うのはあなた”の意を込めています。

    • 商品秘話

      カルビーグループ商品の開発秘話や商品づくりへの思いを発信しています。

    • 社内報より【カルビトの流儀】

      カルビーグループ社内報の中の1つのコーナー「カルビトの流儀」。 仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基にカルビーグループで働く人「カルビト」の仕事観を紹介しています。

    • Calbee Lovers

      編集部がファンの方々の商品愛や想いを紹介していくとともに、noteのクリエイターの皆さんのカルビー愛あふれる記事をまとめています。

    • 職人魂-THE CALBEE

      商品づくりの現場を支えるプロフェッショナルな従業員にスポットを当てて、仕事に対する想いや、商品づくりにかける情熱に迫ります。

    リンク

    記事一覧

    “朝食市場”参入で急成長! 今年30周年の「フルグラ®」に込めたこだわりと歩み

    今年で発売から30年を迎える「フルグラ®」。1988年にカルビーがシリアル事業に参入し、その3年後の1991年に「フルーツグラノーラ」という名前で登場したこの商品は、それ…

    THE CALBEE
    1年前
    113

    「おさつスナック」誕生40周年!さつまいものスナックが秋冬の定番になれた理由~10月13日は「さつまいもの日」~

    今が旬真っ盛りのさつまいも。10月13日の「さつまいもの日」にあたり、今回はさつまいもの自然な甘みと香ばしさ、ふんわり軽い食感が楽しめる「おさつスナック」に迫ります…

    THE CALBEE
    1年前
    93

    2030年までに売上高比率40%超を目指す!/カルビー海外事業のこれまでとこれから

    日本国内のカルビーファンのみなさんは、カルビーが海外でも数多くの商品を販売していることをご存じでしょうか。国内のカルビーファンの目に触れる機会はあまり多くないか…

    THE CALBEE
    1年前
    102
    “朝食市場”参入で急成長! 今年30周年の「フルグラ®」に込めたこだわりと歩み

    “朝食市場”参入で急成長! 今年30周年の「フルグラ®」に込めたこだわりと歩み

    今年で発売から30年を迎える「フルグラ®」。1988年にカルビーがシリアル事業に参入し、その3年後の1991年に「フルーツグラノーラ」という名前で登場したこの商品は、それまでスナック菓子をメインにしていたカルビーが、シリアルや朝食という新しい分野を切り開くきっかけとなったものです。

    現在では国内のシリアルブランド売上No.1※1の商品として多くのお客様に愛されていますが、決して道のりは順風満帆で

    もっとみる
    「おさつスナック」誕生40周年!さつまいものスナックが秋冬の定番になれた理由~10月13日は「さつまいもの日」~

    「おさつスナック」誕生40周年!さつまいものスナックが秋冬の定番になれた理由~10月13日は「さつまいもの日」~

    今が旬真っ盛りのさつまいも。10月13日の「さつまいもの日」にあたり、今回はさつまいもの自然な甘みと香ばしさ、ふんわり軽い食感が楽しめる「おさつスナック」に迫ります。

    「おさつスナック」は、2021年11月に発売40周年を迎えるロングセラー商品です。ホクホクに蒸かしたさつまいもと香ばしく焼いた焼きいもが練り込まれ、可愛らしいさつまいもの葉っぱを模した形状が特長です。40年間、開発者をはじめ歴代の

    もっとみる
    2030年までに売上高比率40%超を目指す!/カルビー海外事業のこれまでとこれから

    2030年までに売上高比率40%超を目指す!/カルビー海外事業のこれまでとこれから

    日本国内のカルビーファンのみなさんは、カルビーが海外でも数多くの商品を販売していることをご存じでしょうか。国内のカルビーファンの目に触れる機会はあまり多くないかもしれませんが、それぞれの国や地域の文化や食習慣に応じた工夫をしながら、その国ならではの商品を多数販売しています。

    カルビーが今後ますます力を入れていく海外事業のこれまでとこれからについて、海外事業を統括する常務執行役員の笙啓英さんにお話

    もっとみる