THE CALBEE

カルビー公式アカウント「THE CALBEE」です。歴史や開発秘話、社員の思いなど、カルビーにより親しみを持っていただけるようなストーリーを語っていきます。

THE CALBEE

カルビー公式アカウント「THE CALBEE」です。歴史や開発秘話、社員の思いなど、カルビーにより親しみを持っていただけるようなストーリーを語っていきます。

    マガジン

    • NEXT is NOW

      カルビーの採用活動や人財育成をテーマにした連載です。“カルビーで働く”をイメージできるきっかけになるような記事を届けていきます。「NEXT is NOW」には“次の時代を担うのはあなた”の意を込めています。

    • 商品秘話

      カルビーグループ商品の開発秘話や商品づくりへの思いを発信しています。

    • 社内報より【カルビトの流儀】

      カルビーグループ社内報の中の1つのコーナー「カルビトの流儀」。 仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基にカルビーグループで働く人「カルビト」の仕事観を紹介しています。

    • Calbee Lovers

      編集部がファンの方々の商品愛や想いを紹介していくとともに、noteのクリエイターの皆さんのカルビー愛あふれる記事をまとめています。

    • 職人魂-THE CALBEE

      商品づくりの現場を支えるプロフェッショナルな従業員にスポットを当てて、仕事に対する想いや、商品づくりにかける情熱に迫ります。

    リンク

    NEXT is NOW

    カルビーの採用活動や人財育成をテーマにした連載です。“カルビーで働く”をイメージできるきっかけになるような記事を届けていきます。「NEXT is NOW」には“次の時代を担うのはあなた”の意を込めています。

    すべて見る
    • 7本

    カルビーが求める人財とは!?新卒採用担当者の本音に迫る

    カルビーではどんな働き方ができて、どんな仕事ができるのでしょうか。 そんな疑問に答えるべく、THE CALBEE編集部では昨年に続き、2024年4月入社の新卒(大学・大学院卒)採用のプレエントリー開始に合わせ、カルビーの採用活動や人財育成をテーマにした連載「NEXT is NOW」を再開します。※不定期連載。 若手社員や人事担当者らにスポットライトを当て、仕事内容や、就活時のエピソードを紹介していきます。 今年1回目は、新卒でカルビーに入社し、採用担当を務める人財・組織

    スキ
    39

    自分で考えたカルビー商品を全国の店舗へ

    “次の時代を担うのはあなた”の意を込め、2023年4月入社の新卒採用に合わせてはじまった連載「NEXT is NOW」。現場で活躍しているさまざまな社歴や職種の人財を紹介しています。 今回は、営業で活躍する青野晃大さんです。コンビニエンスストアの営業担当として、販売促進の提案や、専売品の開発から需給予測まで幅広い業務を行っています。そんな青野さんに仕事内容ややりがいについて話を聞きました。 青野 晃大(あおの こうだい) カルビー株式会社 CVS事業本部CVS事業部 20

    スキ
    55

    カルビー商品を安全に届けるため。理想の生産ラインを追求する

    “次の時代を担うのはあなた”の意を込め、2023年4月入社の新卒採用に合わせてはじまった連載「NEXT is NOW」。現場で活躍しているさまざまな社歴や職種の人財を紹介しています。 今回は、カルビー商品をつくる工場の生産ライン※の設計などに携わる中光浩太さんです。全国各地の工場で、さまざまな商品の生産ラインを担当。その経験をいかし、現在は広島で、2024年に稼働開始予定の新工場の立ち上げに従事しています。 ※生産ラインは、工場内で商品をつくるまでの一連の工程(ポテトチッ

    スキ
    105

    0から1を作り出す 新ブランドをみなさんにお届けしたい

    “次の時代を担うのはあなた”の意を込め、2023年4月入社の新卒採用に合わせてはじまった連載「NEXT is NOW」。現場で活躍しているさまざまな社歴や職種の人財を紹介しています。 今回は、研究開発本部で活躍する鵜飼ひかりさんです。「ポテトチップス」や「ポテトチップスクリスプ」「ぬれじゃが」を担当し、商品のコンセプトの決定や味付けの開発をしている理系女子の鵜飼さんに仕事内容ややりがいについて話を聞きました。 鵜飼 ひかり(うかい ひかり) カルビー株式会社 研究開発本部

    スキ
    56

    商品秘話

    カルビーグループ商品の開発秘話や商品づくりへの思いを発信しています。

    すべて見る
    • 15本

    野菜売り場にCalbee商品が並ぶ光景を日常にしてしまった社員たちの話 ~クリエイティブなアイデアから未来を変える~

    2023年になりました。本年も「THE CALBEE」をよろしくお願いします。 さて、新年1発目となる今回は、海をわたり、アメリカを舞台としたストーリーをお届けしたいと思います。 カルビーグループは、2030年に向けた長期ビジョンにおいて、海外市場への展開を掲げています。2023年1月時点で、10の国・地域で展開しており、中でも北米は重点地域の一つです。その北米で、主力ブランドの一つと言えるのが「HARVEST SNAPS」です。 「HARVEST SNAPS」 は、豆

    スキ
    46

    「ドリトス」の変貌。日本オリジナル生地と新しい楽しみ方はなぜ生まれた

    濃厚で香ばしい味わいに、パリッパリのトルティーヤの食感。そんな特長を持つスナック菓子「ドリトス」が、日本に来て35周年を迎えました。 「ドリトス」は、長い歴史を持ちながらも、ここに来て大きな変貌を遂げています。数年前にスナック生地の改良を行い、日本オリジナルの生地にしたこと。そして、まさにいま、お菓子の領域を超えて「新しい楽しみ方」がSNS発信で広がっていること。 そんなドリトスの変貌について、商品を担当するジャパンフリトレー マーケティング本部の中村博司さんに聞きました

    スキ
    52

    30年変わらない「堅あげポテト」の堅さはどう決まったのか?!生みの親とブランドマネジャーが語る誕生までの道のり

    本日11月8日は「堅あげポテト」の誕生日です。 1993年のこの日に、北海道限定で発売されました。 紺色のパッケージと墨文字でつくる和の世界観。噛むほどにじゃがいもの風味が楽しめる堅い食感で、いまではカルビー商品の中でも屈指の人気を誇ります。一方で、実は全国展開まで12年もかかった大器晩成型の商品でもあります。 熱狂的なファンも多く、THE CALBEE編集部のアンケートでは“「堅あげポテト」の誕生エピソードを知りたい”といった要望をいただきました。 そこで、発売30年

    スキ
    126

    【動画】「堅あげポテト」発売30年目対談

    ‟噛むほどうまい!”堅い食感が人気の「堅あげポテト」は、1993年11月8日に誕生し、もうすぐ発売30年目を迎えます。 そこで、大きな節目を記念し、「堅あげポテト」の生みの親である遠藤英三郎さんと現ブランドマネジャーの山本千夏さんが対談しました。 今回はフルバージョンの対談記事を前に、ダイジェスト動画を作成しましたので公開いたします。 ぜひ、ご覧ください。 対談記事のフルバージョンは近く公開予定ですので、お楽しみに。 動画撮影、編集:間瀬理恵、町田 有希

    スキ
    44

    社内報より【カルビトの流儀】

    カルビーグループ社内報の中の1つのコーナー「カルビトの流儀」。 仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基にカルビーグループで働く人「カルビト」の仕事観を紹介しています。

    すべて見る
    • 5本

    物流担当者の仕事観【社内報より『カルビトの流儀#05』】

    カルビーの社内報は1960年に創刊され、現在に至るまで60年以上にわたり発行されています。「かっぱかっぽ」からスタートし、「かるびー」「CALBEE」などと名前を変え、グループ報となった今は社内の連帯感を一層深め、永遠に幸せの輪がつながっていけばという想いを込めた「Loop」という名前です。その中の1つのコーナー「カルビトの流儀」は、仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基に個人の仕事観を紹介しています。(ちなみにカルビトとは、カルビーグループで働く人のことです) この

    スキ
    39

    新規事業開発者の仕事観【社内報より『カルビトの流儀#04』】

    カルビーの社内報は1960年に創刊され、現在に至るまで60年以上にわたり発行されています。「かっぱかっぽ」からスタートし、「かるびー」「CALBEE」などと名前を変え、グループ報となった今は社内の連帯感を一層深め、永遠に幸せの輪がつながっていけばという想いを込めた「Loop」という名前です。その中の1つのコーナー「カルビトの流儀」は、仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基に個人の仕事観を紹介しています。(ちなみにカルビトとは、カルビーグループで働く人のことです) この

    スキ
    133

    改善活動を推進する工場長の仕事観【社内報より『カルビトの流儀#03』】

    カルビーの社内報は1960年に創刊され、現在に至るまで60年以上にわたり発行されています。「かっぱかっぽ」からスタートし、「かるびー」「CALBEE」などと名前を変え、グループ報となった今は社内の連帯感を一層深め、永遠に幸せの輪がつながっていけばという想いを込めた「Loop」という名前です。その中の1つのコーナー「カルビトの流儀」は、仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基に個人の仕事観を紹介しています。(ちなみにカルビトとは、カルビーグループで働く人のことです) この

    スキ
    67

    研究開発者の仕事観【社内報より『カルビトの流儀#02』】

    カルビーの社内報は1960年に創刊され、現在に至るまで60年以上にわたり発行されています。「かっぱかっぽ」からスタートし、「かるびー」「CALBEE」などと名前を変え、グループ報となった今は社内の連帯感を一層深め、永遠に幸せの輪がつながっていけばという想いを込めた「Loop」という名前です。その中の1つのコーナー「カルビトの流儀」は、仕事上でのほろ苦い経験を通じて得た気づきを基に個人の仕事観を紹介しています。(ちなみにカルビトとは、カルビーグループで働く人のことです) この

    スキ
    76

    Calbee Lovers

    編集部がファンの方々の商品愛や想いを紹介していくとともに、noteのクリエイターの皆さんのカルビー愛あふれる記事をまとめています。

    すべて見る
    • 4本

    カルビーフルグラオンライン工場見学に当選した話

    カルビーさんのフルグラオンライン工場見学に参加しました。 カルビー公式さんはこちら↓ ツイッターで当選したのです。オンライン工場見学。 フルグラがとても好きなので、フォローしているのですがオンライン工場見学やるよ。というツイートがあったので即申し込み。 ラッキーなことに当選。 オンライン工場見学もワクワクでしたが、もっとワクワクしたのが、 景品としてフルグラがどっさり送られてきたこと。 1、カルビーのフルグラとは まず、カルビーのフルグラ(フルーツグラノーラ)とは。

    スキ
    36

    「一枚のポテトチップスが私の口に入る迄」

     私事で恐縮だが、ポテチと云えばカルビーのポテトチップスを贔屓にしている。今では滅多に食べなくなったけれど、あのパリッとした食感と絶妙な塩味、或いはコンソメ味が無性に食べたくなる時がある。因みに子ども時代に誕生したピザポテトは贅沢品だった。大人になってから存在を知った堅あげポテトブラックペッパーの虜になった。私はきょうだいが多く、お菓子は器へ分けて入れるのが当たり前であったから、スナックの袋菓子をばりっと開けて、袋へ直接手を入れ、一人で抱えて食べても良いと知ったのは、かなり大

    スキ
    159

    あふれるほどのじゃがビー

    を、食べたい! 突然ですが、私はじゃがビーが好きです。 まるで中学英語の問題のように簡潔な文章… I Love Jagabee…いいシャツ作れそう。 じゃがビーうまいなぁ…の思いをどこかにぶつけたくなったのでnoteさんに聞いてもらおうと思います。 ・じゃがビーとは みなさんはじゃがビーをご存じでしょうか? じゃがビーとは、Calbeeから発売されているスティック状のフライ菓子です。 Calbee公式サイトによると 「じゃがいもの味がちゃんとする 素材そのまま、 皮

    スキ
    7

    ファン歴約30年のカルビー公式大使が語る!秋の定番「ア・ラ・ポテト」に恋した理由

    カルビー商品には、熱狂的なファンの方々がいます。 そしてファンの方々の間には、独自のルールや世界観があったりします。 発売日に商品を探してお店を巡る ケース(12袋入り)で買いだめをする お菓子ではなく、“主食”や“野菜”として食べる、など。 THE CALBEE編集部では、こうしたカルビー愛、商品愛にまつわるストーリーにスポットライトを当てて紹介する企画「Calbee Lovers」をスタートします。ファンの方々に商品への想いや、好きになったきっかけを聞いていきます。

    スキ
    145

    職人魂-THE CALBEE

    商品づくりの現場を支えるプロフェッショナルな従業員にスポットを当てて、仕事に対する想いや、商品づくりにかける情熱に迫ります。

    すべて見る
    • 2本

    「さやえんどう」の品質を守り続ける“職人魂”

    現場を支えるプロフェッショナルな従業員の商品づくりにかける情熱に迫る「職人魂-THE CALBEE」の2回目です。 皆さんは「エクストルーダー」という機械をご存じですか? カルビーの商品でいうと「さやえんどう」を製造する機械です。新宇都宮工場(栃木県)と広島工場(広島県)の2拠点に設置されています。「さやえんどう」のおいしさは刻々と変化するエクストルーダーの調整によって保たれています。いつも変わらない品質をキープするために必要なこととは?! 今回はエクストルーダーの若き匠

    スキ
    57

    改善に終わりなし。次世代へ受け継がれる”職人魂”

    「THE CALBEE」の立ち上げ当初からずっとご紹介したくて、でもコロナ禍でなかなか実現できずに温めていた企画をようやく皆さんにお届けできることになりました。   その名も「職人魂-THE CALBEE」です。 カルビーグループは、国内16拠点(協力工場含む)、海外11拠点に工場を有しています(2022年3月31日時点)。一つひとつの工場には、商品づくりの現場を支えるプロフェッショナルな従業員がいます。「職人魂-THE CALBEE」では、こうした従業員にスポットを当てて、

    スキ
    147